たばこを吸うと糖尿病発生率が激増する|それでも吸いますか?

 

糖尿病たばこの関係については知らない方も多く、たばこを吸うと肺がんなどの病気になりやすいと思うのが一般的です。

 

病院などでは糖尿病の患者さんに対し、たばこは吸わないように注意するそうで、たばこによる影響も大きいとされています。

 

 

たばこは糖尿病に影響する?

 

 

糖尿病というのは、インスリンという血糖値を下げるホルモンの分泌がしづらくなってしまう病気です。

 

血糖値が高くなってしまうと全身の血管に障害が起こり、目や腎臓、神経や心臓疾患、脳卒中や肺炎などの病気になる可能性が高くなると考えられています。

 

そもそもたばこというのは、膵臓から分泌されたインスリンの働きを悪くしてしまい、その対応に膵臓が疲れ徐々にインスリンの分泌量が減少してしまいます。

 

これにより、糖尿病を発症している患者さんがたばこを吸うと、余計にインスリンが分泌されなくなり血糖値を下げられなくなる恐れがあります。

 

治療でインスリンを投与していたとしても、たばこを吸っている人は血糖値が上がりやすい状態となってしまうため、糖尿病の病気が重症化してしまう可能性もあると考えられます。

 

 

たばこを吸うことで糖尿病になる可能性が高くなる?

 

 

糖尿病を発症していない人は「自分は大丈夫だろう」、「炭水化物ばかりを摂取しているわけでもないし」と思っている人が多いと思います。

 

しかし、たばこを吸わない人に比べて、たばこを吸う人の糖尿病発症率は1.5〜2倍近くあるとされています。

 

もちろん、禁煙をすれば糖尿病の予防や危険度は下がるので、これから糖尿病を予防したい、糖尿病を改善させるために禁煙を始めるというのもいいと思います。

 

禁煙はしようと思っても欲に目がくらんでしまい、ついついたばこを吸ってしまうということが多いのですが、健康はたばこ以上に価値があるものなので、強い信念をもって禁煙を行う必要があります。

 

期日を決めて一気に禁煙を開始し、3〜7日のヤマを過ぎればたばこが欲しいと思わなくなるでしょう。

 

禁煙は欲との戦いになるので欲に負けないように頑張りましょう。

 

 

このようにたばこは糖尿病治療の妨げになったり、糖尿病を発症してしまう可能性が高くなります。

 

糖尿病を発症した場合は病院側から必ず禁煙をするように言われます。

 

たばこを吸うことで膵臓からのインスリンの分泌量が減少し、血糖値のコントロールが出来なくなることで糖尿病が重症化してしまうことが考えられるからです。

 

糖尿病にならないように予防する、重症化しないように改善したいという場合はたばこを禁煙して、インスリンが分泌されやすくなるように心がけましょう。

 

>>簡単に始められる糖尿病にトクホのコーヒー

TOPへ