おすすめ果物3選!糖尿病になったら果物は危険?

糖尿病になってしまった人に関しては、全く糖質を取らないというよりも果物を少しは食べたほうがいいと言われています。

 

これは無理なダイエットをしてリバウンドする法則にも似ています。

 

そこで、糖尿病で食べていい果物の種類や食べるタイミングなどについて見ていきましょう。

 

 

糖尿病におすすめの果物がある

 

 

糖尿病は血糖値が上がりやすい病気なのですが、血糖値のコントロールを助ける効果のある果物もあります。

 

こういった果物であれば、少し摂取するだけでも血糖値の上昇が抑えられ、糖尿病の人でも安心して果物を摂取できますよ。

 

 

血糖値を下げる効果があるおすすめ果物3選!

 

 

血糖値を下げたり、結党のコントロールをする効果があると言われているのは

  1. ブルーベリー
  2. バナナ
  3. キウイ

などです。
ブルーベリーはアントシアニンが含まれていることで、目にいいことが分かっています。

 

それ以外にもブルーベリーは目にいいだけでなく、研究でも血糖値を下げる効果があるというデータが取れていて、糖尿病を予防する効果も期待できると言われています。

 

また、ブルーベリーの皮にはポリフェノールが含まれていることで、抗酸化作用があり身体を酸化させる活性酸素を除去する効果も期待できますよ。

 

一方、バナナは血圧や血糖のコントロールをしてくれる効果があり、バナナに含まれているカリウムが体の代謝をよくして不純物を体外に排出しやすくする効果も期待できると言われています。

 

キウイは食物繊維であるペクチンが含まれていて、食後に上がりやすい血糖値の急上昇を防いでくれる効果があります。

 

この効果により身体への負担を軽減させてくれ、多くのポリフェノールが含まれているため抗酸化作用の高い果物であると考えられます。

 

 

果物を食べるタイミングはいつがいいの?

 

 

果物はご飯の後にデザートとして食べる、お風呂から出た後に果物を食べるのが習慣だという人もいるでしょう。

 

しかし、果物は寝る前よりも朝食べたほうがいいと言われています。

 

夜や寝る前に果物を食べてしまうと、身体に糖質が残りやすくなってしまうため糖尿病の人にはよくないと言われています。

 

身体を動かす朝であれば運動やウォーキングなどで糖質を分解できるため、身体に糖質が残りにくくなり果物が持っている効果を最大限に引き出すことが出来ますよ。

 

 

このように果物は糖尿病であったとしても、少しは摂取したほうがいいと思います。

 

糖尿病に効果がある果物はブルーベリーやバナナ、キウイなどで血糖のコントロールや血糖値を下げる効果が期待できますよ。

 

果物を食べるときは食べるタイミングと量に注意して、摂取するように心がけましょう。

 

糖尿病にはコーヒーがおすすめの理由を徹底調査!

TOPへ