糖尿病予防に野菜ジュースは最適?食前の30分前が決めての真相

 

糖尿病は生活習慣病とも言われていて、その患者や予備軍を含めると1,000万人もいると言われています。

 

糖尿病は食生活から改善することができ、糖尿病になる前に予防をすることで予備軍から抜け出せるとされています。

 

糖尿病の予防に野菜ジュースは効果的なのか、飲むタイミングはいつが好ましいのか詳しくご紹介します。

 

 

糖尿病の予防には野菜ジュースがおすすめってホント?

 

 

糖尿病は食事をとる際に血糖値が過剰に上昇してしまう病気です。

 

空腹時の血糖値の数値は一般の人と何ら変わりないのですが、食事をとった後の血糖値が上昇しやすいのが特徴です。

 

日本人の場合はご飯やパン、ラーメンやパスタなどといった麺類などを主に摂取してしまうため、炭水化物をあまり摂取しない国に比べて糖尿病になる可能性は高いと言えるでしょう。

 

世界ランキングでは日本は6位で、日本の糖尿病患者数が多いことがお分かりいただけると思います。

 

糖尿病を予防するためにはサラダや野菜ジュースが効果的だと言われていて、食前に野菜ジュースを飲むことで、サラダを摂取するのと同じ効果が期待でき血糖値の上昇を抑えられるとされています。

 

ですが糖質が含まれていますので、飲み過ぎは症状を悪化させる要因となるため注意が必要です。

 

 

野菜ジュースはサラダを摂取するのと効果が変わらない!?

 

 

毎日健康に気を使ったり、糖尿病にならないように予防するためサラダを摂取するというのは大変なことです。

 

毎日たくさんのサラダを摂取しなければならないとなると、健康志向で考えていたとしても心が折れて長続きしないケースもあります。

 

しかし、野菜ジュースの効果はサラダを摂取するのと変わらないことが分かっていて、毎日たくさんのサラダを摂取しなくても、食前に野菜ジュースを1杯飲むだけで糖尿病を予防できるということであれば長く続けられると思います。

 

適量を守って継続していくことが大切なんですね。

 

 

野菜ジュースを摂取するタイミングはいつがおすすめ?

 

 

野菜ジュースを摂取する場合、炭水化物を摂取する30分前に飲む方が効果的で、この方法で野菜ジュースを摂取すれば食後の血糖値を抑えることが出来ますよ。

 

実際の実験では野菜ジュース200mlでも効果があることが認められているので、毎日食前30分前に野菜ジュースを200ml飲む習慣を付けて糖尿病を予防しましょう。

 

このように日本では糖尿病になってしまう人、予備軍が多いとされています。

 

ご飯やパン、麺類などを摂取することが多い日本では、糖尿病や予備軍に入らないためにも予防を行うことが大切であると考えられます。

 

糖尿病を予防するには野菜ジュースがいいと言われていて、食後に上がりやすい血糖値の上昇を抑え、糖尿病になりにくくする効果があります。

 

ですが、野菜ジュースよりも血糖値を抑制効果のある飲みものもあります。

 

>>糖尿病にコーヒーが選ばれている真相とは?

TOPへ